ハワイに来たら絶対はずせない!人気のローカルハンバーガー専門店7選 | ファン!ハワイ

ファン!ハワイ > ファン!ハワイ 最新記事一覧 > ハワイおすすめまとめ > ハワイに来たら絶対はずせない!人気のローカルハンバーガー専門店7選

ハワイだからこそ食べられるおすすめの専門店を厳選。おいしいハンバーガーを食べて、ハワイを感じよう!

ハワイに来たら絶対はずせない!人気のローカルハンバーガー専門店7選

アメリカの国民食ハンバーガー。ファストフードの代表選手ですが、時代と共に進化をとげて、今では立派なメインの食事メニューに昇格した存在になってきました。

ハワイ旅行では、そんなハンバーガーにかぶりついてトロピカルなハワイを感じてみましょう!

ビッグでボリューミーなハワイのハンバーガーですが、テイクアウト専門のお店まで含めると、それはもう数え切れないほどの店舗数になります。 

そこで問題なのがどこのお店で食べたらよいのか?どのお店のハンバーガーが美味しいのか?店内の雰囲気は?などなど、お店が多すぎて選ぶのに困ってしまいます。

そこで、行って良かった、また行きたくなる、まちがいないハンバーガーの専門店を紹介します。

今回はテイクアウト専門店と大規模なレストランはあえて候補から外し、場所はホノルル周辺のエリアに限定、店内で食事ができる、美味しくて人気があるハンバーガー専門店にこだわってみました。

目次

ハワイを感じる一番人気のハンバーガーショップ!「テディーズ・ビガー・バーガー ワイキキ」

オーナーのTed TsakirisとRich Stulaの二人により「自宅の庭のバーベキューで作るような質の高いハンバーガーをファストフードのような手軽さで提供する」ことを目標に創業されました。

1998年にダイアモンドヘッドのふもとに1号店がオープンして以来会社は成長を続けて、今ではオアフ島に12店舗 マウイ島やアメリカ本土・日本・フィリピン・サウジアラビア・タイにも進出しています。

毎年更新されるホノルル・スター・アドバタイザー紙の企画「ハワイのベストハンバーガー」に2001年から16年連続で選出されている人気店です。

おすすめは人気のスペシャリティトッピングのシリーズ、バカドバーガーとハワイアンバーガーです。

バカドバーガー $12.24(シングルパテ151g・トマト・レタス・チェダーチーズ・ベーコン・アボカド)はハワイらしい濃厚なおいしさ、ハワイアンバーガー $8.98(シングルテリヤキパテ151g・トマト・レタス・グリルドパイナップル)にはパイナップルが挟まれていて、味わいはまさにトロピカルハワイアンハンバーガー!

単品注文には$3.99の追加で、フライドポテトとソフトドリンクフリーのコンボ設定が可能になります。

またお好みで、焼き加減やトッピングを選んで注文することもできますが、日本語メニューはなく、細かいオーダーが必要になります。

ハワイ滞在中にハンバーガーを食ベたくなったら、是非とも訪れてみましょう。

テディーズ・ビガー・バーガー ワイキキ店(TEDDY’S Bigger Burgers)

・住所 134 Kapahulu Ave. Honolulu, HI 96815
・営業時間 午前10時〜午後11時(毎日)
・電話 (808)926-3444

100万通りのハンバーガーを楽しめるレストラン!「ザ・カウンター・カスタム・ビルト・バーガー カハラモール店」

アメリカの西海岸、ロサンジェルス発のハンバーガーチエーンですが、人気の秘密は100万通りのハンバーガーを楽しめるカスタムバーガーにあります。その人気から今では日本にも出店するほどの規模に成長しました。

基本は店名にもあるように、カスタムビルトなのでパテから始まってサイドメニューまでの8段階のオーダーを自分でチェックして注文します。因みにパテはプロテインの項目になります。じっくり考えて注文シートにチェックを入れましょう。(日本語メニューあります)

内容の組み合わせが決まったシグネチャー・バーガーも人気ですので、簡単に注文を済ませたい時には便利です。
おすすめは店名を冠したザ・カウンター・バーガー($14.00)です。
ビーフパテにトマト・レタス・プロボローネチーズ・ソテーマッシュルームにフライドオニオンの組み合わせはなんとも贅沢。それはもう言葉にできない満足感を味わえます。

ハンバーガー以外では、オツマミ系のトッツ(ハッシュドポテト風)やシェイクも人気がありますのでお試しください。

ザ・カウンター・カスタム・ビルト・バーガー カハラモール店(The Counter Custom Built Burgers Kahala)

・住所 4211 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816
・営業時間 11:00~21:00(金~土 11:00~22:00)
・電話 (808) 739-5100

濃厚なチーズバーガーが食べたくなったら迷わず「チーズバーガー・イン・パラダイス ワイキキ」!

View this post on Instagram

🍔 Cheese Burger In Paradise🍔 CHEESE BURGER BABIES $14.00 ビッグサイズパティ!!お肉の旨味が凝縮されてて本当に美味しかったです🍔🤤そこに濃厚チーズが乗って最高👍サイズも大きめで2人でシェアしてもいい感じです👫✨ワイキキビーチから道路を挟んですぐ✨他のフードやお酒のメニューが豊富でお店は窓がなくハワイの風を感じながら食事を楽しめます🙌 #ハンバーガー大好き #グルメバーガー #グルメバーガー巡り #ハワイアンバーガー #チーズバーガーインパラダイス #cheeseburgerinparadise #ハワイ #ワイキキ #hawaii #waikiki

A post shared by 大好きなバーガー(特にチーズバーガー🍔)ばっかり載せてます🍔 (@love_burger8929) on

1989年 南カリフォルニア出身のラレンとエドナが創業した、マウイ島のラハイナ発祥の人気ハンバーガーショップ、チーズバーガー・イン・パラダイス。マウイ島とオアフ島で、2カ所のビール醸造拠点を含めて、ハワイで8店舗の店舗展開をしている老舗レストランです。

今回紹介するワイキキ店は店内からワイキキビーチが見渡せますので、窓際の席は特におすすめです。

日本語メニューの翻訳レベルが高いので注文がとても楽です。

ここでのオススメは、なんといっても創業当時から大人気のチーズバーガー・ウイズ・アティテュード!($10.99)、230gのパテと厚切りコルビージャックチーズの組み合わせはまさしく天下無敵の美味しさ!もちろんトマト・レタス・オニオンなどの野菜も良いアクセントになっています。

他にもカリフォルニア・チーズバーガー($12.99)も人気で、グリルドパイナップルとアボカドの組み合わせは、今では、ハワイの定番になりました。

バーガー以外では、ロコモコ($13.99) 、ポリネシアンココナッツシュリンプ($11.99)もとてもおいしいので、是非お試しください。

ここではお得な値段で食事ができる時間帯のハッピーアワーの設定がありますので、合わせて要チェックです。

チーズバーガー・イン・パラダイス ワイキキ(CHEESE BURGER IN PARADISE WAIKIKI)

・住所 2500 Kalakaua Avenew Waikiki, Oahu, HI 96815
・電話 (808)923-3731
・営業時間 07:00~23:00(毎日)
・ハッピーアワー 15:00~21:00,21:00~23:00

気軽でリーズナブルに美味しいハンバーガーを食べたいなら「マハロハ・バーガー ワイキキ」

ワイキキの中心、ロイヤルハワイアンセンター2階のフードコートにあるハンバーガー専門店です。

地元出身の創業者Jesse Aguinaldoはラスベガスのレストラン業界で修行を重ねて故郷へ帰り、満を持して2010年に開業したお店がマハロハ・バーガー ワイキキです。

ハワイ島で自然の牧草だけで育った良質な牛肉と新鮮素材にこだわったハンバーガーは、地元のロコ達にも絶大な人気を誇ります。

オアフ島内に2号店のカイルア店と3号店のアラモアナセンター店ありますが、今回は1号店のワイキキ店を紹介します。

オススメハンバーガーは一番人気のアボカド・スイス・チーズバーガー($7.25~)とハワイならではのロコモコ・バーガー($6.75~)です。

アボカド・スイス・チーズバーガーには、ビーフパテ・トマト・レタス・アボカド・オニオン・が挟まれます。

ロコモコ・バーガーは、まさにロコモコとカリカリオニオンをバンズで挟んだもの。どちらもジューシーでやさしい美味しさです。

$1.00の追加でパテをダブルに変更できるところもリーズナブルで嬉しいところです。

パテは3分の1パウンド(約151g)と2分の1パウンド(約227g)のいずれかを選べますが、パウンドの単位表記はlbなので注意しましょう。

アメリカでは重量の表記がオンスとパウンドが混在しますのでgに換算して注文しないと大変なことになります。3分の1パウンドはワン・サード・パウンド、2分の1パウンドはハーフパウンドです。

特にホイップバターでコーティングされたバンズ(パン)は、他店にはない仕様になっています。

ソフトでなめらかな味わいで、具材との相性も良く、ハンバーガー全体のクオリティを上げて美味しさに拍車がかかります。

ホットドッグ($5.00~$7.00)もリーズナブルでボリューミーな人気メニューなので、機会があれば是非お試しください。

マハロハ・バーガー ワイキキ(Mahaloha Burger Waikiki)

・住所 Royal Hawaiian Center 2233 Kalakaua Ave B9 Honolulu, Hawaii 96815
・営業時間 09:00~22:00(毎日)
・電話 (808)926-6500
・オフィシャルホームページ http://www.mahalohaburger.com/

世界が認めた美味しさ!「バーガーズ&シングス」

スウェーデンのテレビ番組で一躍有名になったバーガーズ&シングスですが、もともと地元ハワイでは美味しいと評判のハンバーガー専門店です。

2015年開業のとてもアットホームな雰囲気の小さなお店です。場所はダウンタウンエリアになりますので、ワイキキからは、少々離れています。

タクシーだと20分($20.00)バスで30分程の距離になりますが、わざわざ行くだけの価値は充分にあるお店です。

おすすめは、ワギュウセイ?($13.00)にスモークゴーダチーズ($1.50)の組み合わせです。

味付けなしの和牛パテにトマト・レタス・スモークゴーダチーズ・西洋わさびが効いたグレイビーソースが絡められた6種類のキノコソテーをバンズで挟んで食べてみると、絶句!

表現できない美味しさが口の中に広がります。それなりのお値段にはなりますが、食べて良かった幸せ感の方が遙かに勝ります。

そして次におすすめしたいのが、スウエーデンのテレビ番組企画で世界一の評価を勝ち取った、ドーアディア($16.00)にマンチェゴチーズ($1.50)のトッピングになります。

下味がつけられたマウイ島の分厚いシカ肉のパテ・トマト・レタス・パイナップルのチャツネ・羊のチーズ・をバンズで挟んで食べますが、赤ワインソースの活躍で全体のまとまり方が素晴らしい!
パテも獣臭さもなくビーフとは違う味わいでした。ヨーロッパではシカ肉をはじめジビエ料理も人気がありますので、その辺の評価も加算されているのかもしれませんが、脱帽の味わいでした。

フライドポテトもオリジナリティにあふれ、カリカリホクホクの美味しさですので、合わせて注文しましょう。サラダやサンドウィッチもありますが、くれぐれもお腹と相談しながら注文しましょう。

バーガーズ&シングス(Burgers and Things)

・住所 1991 Pauoa Rd. Honolulu, HI 96813
・電話 (808) 971-1946
・営業時間 11:00~18:00(月曜日は定休日)
・オフィシャルホームページ http://burgersandthings.com/
・ハッピーアワー 15:00~17:00
この時間帯はジューシーハンバーガーもしくはテリヤキバーガー・フライドポテト・スモールドリンクのセットが、なんと$10.00で提供されます。

地元産のクオリティと商品開発力でロコ達に絶賛される!「ホノルル・バーガー・カンパニー 」

サウス・ベレタニア・ストリート沿いにある人気のハンバーガーショップで、2010年開業しました。アラモアナショッピングセンター内の「白木屋」の食堂街にも出店していて、他には時間・曜日限定のテイクアウト専門のポップアップ店舗は、カイルア・ダイヤモンドヘッド・ダウンタウンの3カ所に出店しています。

紹介するサウス・ベレタニア通り店はアラモアナショッピングセンターの裏手側に位置していて、センターから徒歩15分ほどの距離になります。

人気の秘密は、使う食材の90パーセント以上を、地元ハワイ産で補っていることです。まさしく地産地消の典型的なお店ですが、簡単にできるものではありません。

地元の美味しい食材を使って地元の人たちに喜んで食べてもらうことで地域を活性化させたいというオーナーの店舗経営に対するこだわりが感じられます。

事実パテに使う肉は、ハワイ島で放牧されて自然の牧草だけを食べて育った牛肉だけを使用し、野菜も地元産のオーガニック栽培のものしか使用しない徹底ぶりで地元ロコ達からも圧倒的に支持されています。

店舗内は20席ほどの、こじんまりとして小ぎれいなお店で、ほっこりした気分になります。

中心街から少し離れているせいか、日本人観光客の姿を見かけることもなく、日本語メニューもありません。

注文の仕方はまず最初にシングル・ダブル・トリプルの中からパテを選択します。次にパテの焼き加減を指定して、最後に4種類あるバンズからお好みを選択したら完了です。

カイザーロール、全粒粉、スイートロール、タロロールの4種類のパンも地元のパン工房に仕様指示をだして焼いてもらってます。

おすすめは一番人気のブルーハワイ・バーガー($10.89シングルパテ)です。

こちらは牛肉パテにトマト・レタス・ベーコン・ブルーチーズ・グリルドオニオンを挟み込んでいて、牛肉とカリカリベーコン・ブルーチーズの相性が抜群の美味しさです。

一番人気納得のブルーハワイでした。

とはいえ、ブルーチーズが苦手な人もいますから、もう一つのおすすめハンバーガーは定番のチーズバーガー($9.89)です。

こちらは牛肉パテにトマト・レタス・チーズ・グリルドオニオンが挟み込まれた普通のハンバーガーですが、やはり味わいが奥深く、定番チーズバーガーの美味しさを再発見させてくれます。食材の質の高さを味わいで感じられる一品でした。

他にもハワイ産の豚肉の蒸し焼きを使ったカルアピッグ・バーガー($11.89)やマッシュルーム・マッシュルーム・バーガー($11.89)も捨てがたいのですが、とても一度の訪問では消化できません。

ハワイでのハンバーガーの主流を牽引して行きそうな実力を感じさせてくれるお店でした。

滞在中に是非とも足を運んでみてください。

ホノルル・バーガー・カンパニー ベレタニア店(HONOLULU BUEGER CO)

・住所 1295 S. Beretania St, Honolulu, HI 96814
・電話 808-626-5202
・営業時間 10:30-21:00(月~木曜),10:30-22:00(金・土曜),10:30~20:00(日)
・オフィシャルホームページ http://honoluluburgerco.com/

アメリカンハンバーガーのジャイアント!「ファイブ・ガイズ・バーガーズ&フライズ」

1986年にワシントンDCで創業された、老舗のハンバーガー専門店です。

創業者と4人の息子が始めたお店ということで、ファイブ・ガイズの屋号になったようですが、2003年にフランチャイズを始めて以降、北米・カナダ・ヨーロッパ・中東エリアにまで店舗展開され、今では1,000店舗を超える巨大企業に成長しています。

2016年にハワイに進出する際は、「ついにファイブ・ガイズやってきた」と地元でも話題になり、ハンバーガー激戦区のハワイで注目されました。

そんなファイブ・ガイズですが、場所がワイキキ地区からかなり離れた街、オアフ島の中心部ミリラニ地区のミリラニ・タウンセンターにあります。

ワイキキ地区のハンバーガーショップとの競合という構図とは異なり、地域色のある店舗展開が可能になっているようです。

開店日にはホノルル市長も訪れるほどで、地域で上げて盛り上げている様子がうかがえます。

赤と白の市松模様のデザインを基調とした店内は、広々としてとても開放的な雰囲気です。

ハンバーガーの他、ドッグ・フライドポテト・サンドイッチ・シェイクのメニューはアメリカのハンバーガーショップの典型的なメニュー構成といえるでしょう。

基本となるレギューラーハンバーガーには2枚のパテが挟まれますので、充分なボリュームがあります。

そして人気の秘密は、基本のハンバーガーを決めたら、トッピングの具材やソースまで全て無料で15種類の中から好きなものを選べることです。

トマト・レタス・マッシュルーム・唐辛子などお好みの具材を注文してみましょう。

おすすめはベーコンチーズバーガー($11.79)にお好みのトッピングです。アメリカンハンバーガー定番の美味しさを味わえます。

もう一つのポイントは、冷凍食品を一切使わないこです。

野菜は生産農家の名前まで表示され、トレーサビレィティの確認ができるので、品質管理面でも安心安全と言えます。

またフライドポテトはピーナツオイルで揚げているので、さっぱりした味わいです。

殻付きピーナッツが無料でたべられるのも嬉しいサービスですから、ハンバーガーが出来上がるまでの間のおつまみに最適です。

ワイキキエリアからはかなり距離がありますので、なかなか立ち寄るのがきびしいかも知れませんが、機会があれば是非とも訪ねていただきたいお店です。

ファイブ・ガイズ・バーガーズ&フライズ(Five Guys Burgers and Fries)

・住所 95-1249 Meheula Parkway, Mililani, HI 96789
・電話番号 (808)312-3407
・営業時間 11:00~22:00
・オフィシャルホームページ http://www.fiveguys.com/

ハワイのハンバーガは進化を続ける!

いかがでしたか?どのお店も個性的でオリジナリティあふれた魅力的なハンバーガー専門店ばかりです。

アメリカ本土発のハンバーガーですが、ハワイではまったく違う進化をとげています。

特にトロピカルな食材の組み合わせのハンバーガーは、ハワイそのものを感じさせてくれます。

定番のハンバーガーを食べてアメリカのスケールを実感し、トロピカルなハンバーガーを食べて、更にハワイを体感してみましょう!

ハワイアン・ハンバーガーの進化は止まりません!

この記事を執筆したライター

kosuke

kosuke

長年旅行業界に従事し、添乗業務で訪れるうちにすっかりハワイに魅せられる。現在はフリーランスのライターとしてプライベートでハワイを満喫中

top